【チックコリア名盤紹介】

偉大なフュージョン・ジャズバンドのデビュー作!

アルバムジャケット

「リターン・トゥ・フォーエバー」は、チックコリアがベーシストのスタンリー・クラークらとともに組んだ偉大なフュージョン・ジャズのバンド名であり、ファーストアルバムのタイトルでもあります。

 

1972年にチック・コリア名義でこのアルバムを発表したのち、ファーストアルバムのタイトルをバンド名にしました。

 

バンドとしてのReturn to Foreverの音楽は、ラテン色の強い初期、ロック色の強い中期、大編成ホーンセクションが加わった後期の3期に分かれており、アルバム「Return to Forever」はラテンジャズ時代の冒頭を飾るものです。

 

カモメが飛んでいる写真のアルバムジャケットは有名で、「チックコリアのおすすめはやっぱり『カモメ』ですか?」というような会話が通用するほど。

 

収録曲

  1. 「"Return to Forever"」 12:06
  2. 「"Crystal Silence"」 6:59
  3. 「"What Game Shall We Play Today"」 (Corea, Neville Porter) 4:30
  4. 「"Sometime Ago - La Fiesta"」 (Corea, Porter, Stanley Clarke, Joe Farrell) 23:13

 

パーソネル

  • チック・コリア - エレクトリックピアノ
  • ジョー・ファレル - フルート、ソプラノ・サクソフォーン
  • スタンリー・クラーク - アコースティック・ベース、エレクトリックベース
  • フローラ・プリム - ボーカル、パーカッション
  • アイアート・モレイラ - ドラムス

 

私はこのアルバムのなかでは最後の「ラ・フィエスタ」が特に好きです。

 

初めて聞いた時、スタンリー・クラークのドライブ感溢れるサビのベースラインに衝撃を受けて、思わずコピーしました。

 

構造的には3和音分散で半音ずつ上がっていくだけとわかって、さらに衝撃を受けました。

 

これがなぜ、あのようなドライブ感をもたらすのか?!

 

ただ、ベースラインとしてはあまり類をみないアイデアで、やっぱりスタンリー・クラークが思いつくことは普通ではないな、と感心しました。

 

チックコリアの演奏はもちろんめちゃくちゃカッコいいです。

 

フローラ・プリムの歌が入ってるのも、ジャズの人のアルバムとしてはとても変わっていたのでは?

 

神秘的な独特のムードがあるけど、奥に力強さを秘めたすごい声の歌手ですよ。


このアルバムの関連商品通販

 

CDをアマゾンで買う